マンションの外壁塗装を依頼してメンテナンスを【サイクルを大切に】

塗装をする際の注意点

マンションの外壁塗装で注意すること

塗装

マンションの外壁塗装は、一般的に10年を目途にして行われます。工事期間は長いです。平均でも2カ月くらいかかりますが、マンションの規模や工事内容によっては4カ月かかる場合もあります。 外壁塗装がされる場合はベランダ部分にも工事が入ります。従って、工事が入る日には洗濯物を干すことができません。また、ベランダに植木鉢などを置いている場合はそれらをどかすことも必要です。通常、ベランダ部分の工事の施工日についてはマンションの掲示板等でお知らせがあるので、それらを確認することが必要です。 また、外壁塗装の臭いは換気扇などから部屋に入ってきます。臭いに敏感な方は気になると思います。通常、外壁塗装を行うときには住民に対して事前に説明会があります。気になることがある方は、この説明会で納得がいくまで質問するのがいいでしょう。

複数の業者の見積もりをチェックする方法

マンションの外壁塗装を行うにあたり複数の塗装会社から見積もりを取ることがあります。その際に、使用する塗料のチェックをすることが必要です。外壁塗装で使われる塗料はシリコンやフッ素が一般的ですが、工事費用を安くするためにアクリル系を使う業者もあります。シリコン系塗料の耐用年数は約13年ですが、アクリル系塗料は約4年です。10年を目途に外壁塗装を行う場合にはシリコン系塗料以上のものを使うのが望ましいです。 また、足場代は、塗装工事の総額費用の2割から3割を占めます。しかし、最近では無足場工法といって足場を使わずにマンションの外壁塗装を行う業者も存在します。足場を掛けないで工事ができるのでその分費用を安くすることができます。ですので、このような工法を採用しているか確認するのがいいでしょう。